• HOME
  •  > 環境効率

環境効率

環境効率とは、製品やサービスの環境側面を表す環境評価指標の一つです。

持続的成長を目指すため、より小さな環境影響で,より大きな価値を創出する、すなわち「環境影響を最小化しつつ価値を最大化する」考え方を指標化したもので、次のように定義されています。製品やサービスの環境性能を向上するためには、環境負荷を低減し、製品の生み出す価値を向上させる必要があります。

<一般的な環境効率指標>

環境効率

環境負荷については、LCAの手法を活用して評価をしますが、価値については、取り組む企業によって何を価値にするのかで異なります。
現在、ISO14045において、環境効率の標準化が進められています。
環境効率は、環境保全と経済活動の両立をめざす社会システムや企業経営を実現していくツールのひとつとして、製品・サービスの価値向上と環境負荷削減の両側面の指標として有効性が期待されています。