• HOME
  •  > 研究会・WG

研究会・WG

LCA日本フォーラム 「ICT(情報通信技術)と生物多様性」に関する研究会

近年では、生物多様性に関して注目が集まっております。特に、2010年に名古屋において生物多様性条約締約国会議(COP10)が開催されたことをきっかけに、生物多様性に関して検討し、取り組む企業も増えてきています。

ICTは、その特長である、サービス提供における脱物質化・効率化を通じて、またICTによる常時モニタリングの活用により、生物多様性の保全に貢献できると考えられます。しかしながら、製品やサービスのライフサイクルの視点での生物多様性の取り組みは、緒に就いたばかりであり、特にICTと生物多様性の関わりに関しては、検討事例がほとんどないのが現状であります。

LCA日本フォーラムでは本年度より、「ICT(情報通信技術)と生物多様性」に関する研究会を設置し、松野泰也委員長(東京大学大学院工学系研究科 准教授)を中心に、ICTと生物多様性について検討・議論を行っております。

募集要項

≫詳細はこちら

「ICT(情報通信技術)と生物多様性」に関する研究会WG

委員長

松野泰也(東京大学大学院工学系研究科研究科マテリアル工学専攻 准教授)

委員

NTT環境エネルギー研究所

WGメンバー














いであ株式会社
伊藤忠商事株式会社
株式会社MIC武田技術士事務所
キヤノン株式会社
株式会社東芝
東芝ソリューション株式会社
株式会社日本製紙グループ本社
日本電気株式会社 (NEC)
日本ユニシス株式会社
パシフィックコンサルタンツ株式会社
株式会社日立製作所
株式会社日立製作所 情報・通信システム社
富士ゼロックス株式会社
富士通株式会社
富士通エフ・アイ・ピー株式会社


活動報告

■第3回「ICT(情報通信技術)と生物多様性」に関する研究会
開催日時:
平成24年3月14日(水)15:00~17:00
開催場所:
エッサム神田ホール 9F プレゼンルーム1(901)
事例発表:

「日本の自然の特異性と生物データの特性」
株式会社セルコ 代表取締役 赤澤豊

「環境経営を統一的に管理する会計手法の可能性」
株式会社MIC武田技術士事務所 代表取締役 武田彰夫

「日本製紙グループの生物多様性への取組み」
日本製紙グループ CSR本部 主席技術調査役 渡邊惠子


■第2回「ICT(情報通信技術)と生物多様性」に関する研究会 (公開講演会)
本研究会では、生物多様性の専門家でおられます名古屋市立大学大学院 香坂玲先生をお迎えし、公開講演会を開催しました。 

開催日時:
2011年10月25日(火) 15:00-17:00
開催場所:
東京ステーションコンファレンス 6F 605
主催:
LCA日本フォーラム
参加費:
無料
定員:
50名

・プログラム
開会挨拶:

東京大学大学院工学系研究科 准教授 松野 泰也

招待講演:



招待講演&質疑応答
「生物多様性状条約COP10を振りかえって : ICTへのインプリケーショ ン」
名古屋市立大学大学院 経済学研究科 准教授 香坂 玲 >プロフィール

事例発表:



日立製作所
「企業が進める生態系保全活動と見える化 -日立ITエコ実験村-」
日立製作所 情報・通信システム社 環境推進本部 環境統制部 部長 谷 光清



■第1回「ICT(情報通信技術)と生物多様性」に関する研究会

開催日時:
平成23年7月29日(金)16:00~18:00
開催場所:

中央大学駿河台記念館560号室



「ICTと生物多様性研究会」
委員長 松野泰也 (東京大学大学院工学系研究科 准教授)



事例発表:富士通株式会社 
「ICT(情報通信技術)と生物多様性に関する取り組み紹介(富士通)」
富士通株式会社 環境本部環境企画統括部 朽網道徳